セーリング用ライフジャケットの浮力について、50ニュートン? ISO 12402-5認証って?

本年2月1日より改正になりましたライフジャケットに関する法律に関して、ヨット・セーリング競技で使用可能なライフジャケット(PFDまたはBuoyanch Aid)について浮力50N(ニュートン)という単位が独り歩きして様々な誤解を招いているように思われますので、ここに公式の見解を整理したいと思います。


‘本セーリング連盟の通達

日本セーリング連盟及びその加盟する団体の主催する大会および練習中については、レース艇(ヨット)および運営艇・審判艇・救助艇・コーチボート等について、下記通達の基準での個人用浮揚用具(ライフジャケット=ISO 12402-5認証)の着用が認められています。

詳細は下記日本セーリング連盟のホームページをご参照ください。

https://www.jsaf.or.jp/hp/about/office?pid=11762

 

ISO 12402-5とは?

まずISOは国際標準化機構という非政府機関で12402‐5という項目は個人用浮揚用具(ライフジャケット)の国際基準を規定しています。

ここで重要なことは50ニュートンの浮力を必ずしも求めるものではないということです。

あくまで体重に必要な浮力を確保していれば問題ありません。体重40キロの子供用と90キロの大人用のライフジャケットに必要とされる浮力体の量が違うことは容易に想像できると思います。

 

GULのライフジャケットはすべてISO12402‐5認証されております。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、XSからMまでは50ニュートン未満の製品がほとんどです。

本年度の法改正後も小型ヨット・セーリングの競技・練習に安心してご利用いただけます。

 

ぅ縫紂璽肇鵑箸いγ碓未砲弔い

一般の人にとっては力の大きさはkgがわかりやすいと思いますが、最近は国際単位のN(ニュートン)を使って表すようになってきています。

1kg=9.8N と換算されます。大雑把に言いますと1kg=10Nになります。

イメージ的にわかりやすいのは1kgの浮力は空の1リットルのペットボトル1本分の浮力です。

ですので、50ニュートンは1リットルのペットボトル約5本分ということになります。

イメージできたでしょうか?

 

GULを含めほぼすべてのセーリングブランドのライフジャケットは、ISO12402-5が認証されたものとなっております。

お使いのものが同基準の認証を受けたものかどうかは、内側に表記されております。今一度ご確認ください。

不明な点などありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

コメント