防水・透湿ファブリックのレイヤー構造

皆様、こんにちは。管理人の小池です。

前回は防水性・透湿素材の機能性の指標である耐水圧()と透湿性(g/m2/24h)について簡単にお話させていただきました。
今回は防水・透湿ファブリックのレイヤー構造についてです。




こちらの図はGULのGCX4のレイヤー構造をあらわしたものですが、このように防水・透湿素材は何層かのレイヤー構造になっているものがほとんどです
皆さんもよくご存知のゴアテックスなんかもそうですが、一番外側は耐久撥水素材(Durable Water Repellent)が使用されています。略してDWRなどと表記されています。
撥水素材自体には防水性はありません。つまり水は弾くのですが浸水します。

通常はこのDWRの撥水層を図2のナイロン素材にコーティングしたものをまとめてを第一層目としています。


次に(GCX4の図では3層目)に防水・透湿素材のメンブレンと呼ばれる薄い膜状のファブリックが使用されており、こちらが防水性・透湿素材の一番の大切な部分です。

皆さんもよくご存じのゴアテックス・ファブリックも2層目に配置されています。
この防水・透湿素材であるメンブレンは1センチ平方メートルあたり数十億個もの細かい孔(あな)が開いていて、その大きさは水滴の5000〜2万分の1程度であるといわれています。
この孔は水滴には小さすぎて衣服に入ることが出来ませんが、水蒸気が通り抜けるには十分な大きさがあり、汗が水蒸気になることで外部に放出されて蒸れを防いでいます。

防水・透湿素材のメンブレン自体は傷がつかない限りは性能が落ちることはありません。

より凝った(高価な)ものはメンブレンの内側に3層目(GCX4の図では4層目)の裏地素材が貼り付けられていることが多いです。
多層構造になるほど、防水・透湿性とともに強度・耐久性もあがってきます。

いかがでしたでしょうか?

皆様の参考になれば幸いです。


次回のブログでは防水・透湿素材のお手入れ・選択についてお届けを予定しております。

ではまたお楽しみに〜!

GULオリジナル防水素材GCXシリーズについて

皆様、こんにちは。管理人の小池です。

 

一年で一番寒い時期いかがお過ごしですか?

私は海はちょっとご無沙汰して山でトレランしたりMTBで遊んでます。

 

さて今回は葉山シークラブで公開しているGULのファブリックテクノロジー解説ページの補足的な内容をお送りしたいと思います。

 

ゴアテックスを代表とする防水性・透湿素材は各社がしのぎをけずって開発しています。

GULも独自で開発した防水性・透湿素材GCXシリーズをスプレートップ、ドライスーツに採用しています。

 

 

防水性・透湿素材には防水性と透湿性の機能性を示す指標があり、耐水圧()と透湿性(g/m2/24h)が表示されてます。

なんとなく数字が高ければそれだけ性能が良いというのは分かりますが・・・具体的にはいまひとつ意味が分かりにくいですよね。

 

定義としては以下のとおりです。

 

防水性能:

外部からの水分をシャットアウトする性能が「防水性」です。生地表面で水を弾く「撥水性」と混同されがちですが、「防水性」は水分を生地の裏側に通過させない性能のことで、たとえば濡れた場所に長時間座っていても浸水圧力に耐えて内部を濡らさないことを言います。防水性は表地から水圧を加えて、水が裏地に染み出した時点での高さを測定する「耐水圧(mm)]で表します。

一般的に10,000mmあれば十分な防水性が確保されているといわれています。

 

透湿性能:

ウェア内の蒸れを放出する性能が「透湿性」です。主に水の分子より小さく水蒸気よりも大きいたくさんの孔(穴)が空いた膜(メンブレン)を、表側の生地に貼り付けてその性能を実現しています。透湿性が高いほどウエア内の蒸れ感は少なく、アウトドア・アクティビティにおいても快適に行動できます。透湿性は生地が24時間に放出した水分量(g/m2/24時間)で表します。

 

参考までにゴアテックスと日本メーカーのモンベルが開発した素材の性能は以下のとおりです。

 

ゴアテックス:耐水圧40,000mm・浸透性13,500g/m2/24時間

 

モンベル・ブリーズドライテック:耐水圧25,000mm・浸透性15,000g/m2/24時間

 

GUL・GCX4:耐水圧20,000mm・浸透性10,000g/m2/24時間

 

いかがでしたでしょうか?

皆様の参考になれば幸いです。

 

次回のブログでは防水・透湿ファブリックのレイヤー構造(上記の図)を予定しております。

ではお楽しみに〜!

 

 

イギリスのセーリングウェアGUL(ガル)の輸入販売開始します

こんにちは、管理人の小池です。

木枯らし一号も吹き本格的な冬が始まろうとしていますね。皆様、いかがお過ごしですか?

 

さて、今回は我々葉山シークラブでイギリスのセーリングウェアGULの正規代理店として輸入販売を始めることをご案内します。

 

GUL(ガル)はイギリス人サーファーのデニス・クロスによって1967年に設立されました。

以来50年の間、常にウォータースポーツウェアの最前線で発展を遂げてきたアパレルブランドです。サーフィン用のウェットスーツの開発・販売から始まり1980年代にはヨーロッパ全域そして世界のマーケットに進出。1990年代にディンギー・セーリング部門に参入し革新的なデザイン、性能をもったライフジャケット、ウェット・ドライスーツ、スプレートップやブーツを開発・製造しております。

 

イギリスの寒く冷たい海に耐えうるウェットスーツを50年間作り続けてきたノウハウがセーリングウェアにもいたるところに生かされています。3D立体裁断によるフィット感、適材適所の素材配置、縫製、縫合技術、防水技術、各種の防水・透湿素材の自社開発と素晴らしい技術と毎年、春夏モデル、秋冬モデルをモデルチェンジする開発力とマーケティングは秀逸なものがあります。

 

トップセーラーのスポンサードやサポートも積極的に行い、現在デンマーク・セーリングチームとのパートナーシップ、2008年北京オリンピックではイギリス・セーリングチームをサポートし、トップセーラーからのフィードバックを製品作りに生かしてます。

Fireball World champion

また、価格競争力が強くジュニア、レディースまで幅広いサイズとラインナップの製品を取り揃えていることも特徴です。

我々、シークラブでも価格競争力が損なわれないよう、利益を抑えて皆様にご利用いただきやすい値段でご提供させていただけるよう努力して行きます。

 

今後、取り扱い商品を徐々に増やしてきますのでお楽しみに!