防水・透湿ウェアの洗い方、保管について

皆様、こんにちは。

管理人の小池です。少しずつですが、暖かくなってきましたね。

そろそろドライスーツからウェットスーツかなと考えている方も、

まだまだドライかなという方も海は気持ちのいい季節になってきましたよ。

Fireball World champion

 

さて今回は、防水・透湿ウェアであるスプレートップ、ドライスーツ、クルージングジャケットやパンツを長持ちさせるための洗い方と保管方法についてご紹介しますね。

ご参考になれば幸いです。

 

まず汚れたウエアはちゃんと洗ってメンテナンスすることが大切です。

ウエアの洗濯表示に従っていただき、私としては素材の劣化が少ない『洗濯機でなく手洗いで』が断然おススメです。

汚れが残っていると、撥水機能や透湿性が低下してしまいます。

 

洗濯機と手洗い、それぞれの手順をおおまかにご紹介しますね。

参考にしてみてください。

 

《洗濯機を使用する場合》

洗濯前に、破損予防のためファスナーやボタンはしっかり閉めます。

フードやドローコードなどはシワが無いよう伸ばしておきます。

フードが襟に収納されるタイプのものは、フードもしっかり洗えるよう出しておいて下さい。

 

洗濯機で洗う場合は、ネットに入れ、弱水流で洗って下さい。

洗剤は、防水ウェア専用洗剤、または中性洗剤を使用して下さい。

すすぎはしっかり行い、脱水にはかけないで下さい。

※柔軟剤成分が含まれている洗剤の使用は避けて下さい。撥水力低下の原因となります。

※漂白剤、蛍光増白剤が含まれているものは使用しないで下さい。

※脱水機を使用すると、ウェアの痛みや洗濯機自体が故障する恐れがございますので使用しないで下さい。

※洗剤が残っているとウェアの機能の低下に繋がりますので、すすぎはしっかりと行って下さい。

※粉洗剤を使用する場合は、水で溶かして液状にしてからお使い下さい。

 

《手洗いの場合》

手洗いの場合は、たらいや浴槽にぬるま湯を張り、防水ウェア専用洗剤、または中性洗剤を入れ、その中で押し洗いをして下さい。汚れがひどい場所は、柔らかい布やスポンジなどで生地が傷まないよう優しくこすって落として下さい。

※柔軟剤成分が含まれている洗剤の使用は避けて下さい。撥水力低下の原因となります。

※漂白剤、蛍光増白剤が含まれているものは使用しないで下さい。

※洗剤が残っているとウェアの機能の低下に繋がりますので、すすぎはしっかりと行って下さい。

 

《すすぎの後》洗濯機、手洗い共通

 ウエアを絞らずにそのままハンガー掛けをして形を整え、日陰に干します。

 

《保管方法→長持ちの秘訣》

 風通しの良い場所でハンガーに吊るして保管することをオススメします。

吊るしておくスペースがない場合は、折りたたまずに、丸めるようにして収納しますと、 折り目がつかずに、物持ちがずっと良くなります。

クルマのトランクなど高温な中や、濡れたままで多湿の場合や小さくたたんだ状態だと、素材の劣化が促進されますのでご注意をお願いします。

直射日光があたる場所は、紫外線がダイレクトに生地にあたり、劣化の原因になるので、気をつけましょう。

また、高温多湿の場所に保管すると、カビが発生したりするので、湿気が少ない風通しの良い場所で保管しましょう。

日本の気候上、梅雨から秋にかけて湿気が多い季節。クローゼットの中にウェアを吊るして保管する時は、

防虫剤や乾燥剤を入れ、カビや虫による腐食を防ぐように気を付けましょう。

防虫剤を入れる時は、生地に防虫剤が直接触れないように注意しましょう。

 

《ドライスーツの保管方法》

保管前に、ラテックス・シール部のメンテナンスをします。

まず、薄めのせっけん水などでラテックスの汚れをキレイにふき取りましょう。

また、長期保管する際には、ラテックスの内側は、ラテックス同士が引っ付くことがありますので、ウェットスーツ用のパウダーや ベビーパウダーを数回パフしておくと、引っ付きや劣化の防止・抑制になります。

 

防水ファスナーに付属のグリースを塗ります。

 付属グリースを使い切ったり、紛失されましたら、市販のカメラの防水ハウジング用のグリースなどで構いません。

 噛み合わせ部のほか、ファスナー開閉部のレール上にピンポイントに付着させ、そこから指で伸ばすようにして、表面にくまなく塗布してください。

※多量にべっとり塗りきるのではなく、少量を伸ばしていくように塗布すると物持ちがいいと思います。

 塗布後は、ファスナーを数回開閉して、グリースをきれいに伸ばし、開閉がスムースなのを確認してください。

グリースは、ファスナーの開閉を滑らかにするだけでなく、グリースの薄い膜が、潮や汚れの付着とそれによっておこる膠着からまもってくれる役目になります

 

いかがでしたでしょうか?

ちょっと長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

次回はウェットスーツの手入れ、保管についてご紹介させていただく予定です。

では、またお会いしましょう。

 

 

防水・透湿ファブリックのレイヤー構造

皆様、こんにちは。管理人の小池です。

前回は防水性・透湿素材の機能性の指標である耐水圧()と透湿性(g/m2/24h)について簡単にお話させていただきました。
今回は防水・透湿ファブリックのレイヤー構造についてです。




こちらの図はGULのGCX4のレイヤー構造をあらわしたものですが、このように防水・透湿素材は何層かのレイヤー構造になっているものがほとんどです
皆さんもよくご存知のゴアテックスなんかもそうですが、一番外側は耐久撥水素材(Durable Water Repellent)が使用されています。略してDWRなどと表記されています。
撥水素材自体には防水性はありません。つまり水は弾くのですが浸水します。

通常はこのDWRの撥水層を図2のナイロン素材にコーティングしたものをまとめてを第一層目としています。


次に(GCX4の図では3層目)に防水・透湿素材のメンブレンと呼ばれる薄い膜状のファブリックが使用されており、こちらが防水性・透湿素材の一番の大切な部分です。

皆さんもよくご存じのゴアテックス・ファブリックも2層目に配置されています。
この防水・透湿素材であるメンブレンは1センチ平方メートルあたり数十億個もの細かい孔(あな)が開いていて、その大きさは水滴の5000〜2万分の1程度であるといわれています。
この孔は水滴には小さすぎて衣服に入ることが出来ませんが、水蒸気が通り抜けるには十分な大きさがあり、汗が水蒸気になることで外部に放出されて蒸れを防いでいます。

防水・透湿素材のメンブレン自体は傷がつかない限りは性能が落ちることはありません。

より凝った(高価な)ものはメンブレンの内側に3層目(GCX4の図では4層目)の裏地素材が貼り付けられていることが多いです。
多層構造になるほど、防水・透湿性とともに強度・耐久性もあがってきます。

いかがでしたでしょうか?

皆様の参考になれば幸いです。


次回のブログでは防水・透湿素材のお手入れ・洗たく方法についてお届けを予定しております。

ではまたお楽しみに〜!

GULオリジナル防水素材GCXシリーズについて

皆様、こんにちは。管理人の小池です。

 

一年で一番寒い時期いかがお過ごしですか?

私は海はちょっとご無沙汰して山でトレランしたりMTBで遊んでます。

 

さて今回は葉山シークラブで公開しているGULのファブリックテクノロジー解説ページの補足的な内容をお送りしたいと思います。

 

ゴアテックスを代表とする防水性・透湿素材は各社がしのぎをけずって開発しています。

GULも独自で開発した防水性・透湿素材GCXシリーズをスプレートップ、ドライスーツに採用しています。

 

 

防水性・透湿素材には防水性と透湿性の機能性を示す指標があり、耐水圧()と透湿性(g/m2/24h)が表示されてます。

なんとなく数字が高ければそれだけ性能が良いというのは分かりますが・・・具体的にはいまひとつ意味が分かりにくいですよね。

 

定義としては以下のとおりです。

 

防水性能:

外部からの水分をシャットアウトする性能が「防水性」です。生地表面で水を弾く「撥水性」と混同されがちですが、「防水性」は水分を生地の裏側に通過させない性能のことで、たとえば濡れた場所に長時間座っていても浸水圧力に耐えて内部を濡らさないことを言います。防水性は表地から水圧を加えて、水が裏地に染み出した時点での高さを測定する「耐水圧(mm)]で表します。

一般的に10,000mmあれば十分な防水性が確保されているといわれています。

 

透湿性能:

ウェア内の蒸れを放出する性能が「透湿性」です。主に水の分子より小さく水蒸気よりも大きいたくさんの孔(穴)が空いた膜(メンブレン)を、表側の生地に貼り付けてその性能を実現しています。透湿性が高いほどウエア内の蒸れ感は少なく、アウトドア・アクティビティにおいても快適に行動できます。透湿性は生地が24時間に放出した水分量(g/m2/24時間)で表します。

 

参考までにゴアテックスと日本メーカーのモンベルが開発した素材の性能は以下のとおりです。

 

ゴアテックス:耐水圧40,000mm・浸透性13,500g/m2/24時間

 

モンベル・ブリーズドライテック:耐水圧25,000mm・浸透性15,000g/m2/24時間

 

GUL・GCX4:耐水圧20,000mm・浸透性10,000g/m2/24時間

 

いかがでしたでしょうか?

皆様の参考になれば幸いです。

 

次回のブログでは防水・透湿ファブリックのレイヤー構造(上記の図)を予定しております。

ではお楽しみに〜!